cleaning housekeeping

クリーニング法

制服やスーツ等には様々な汚れが付着しています。裾や袖口の皮脂汚れ、油じみ、ワイシャツの汗ジミ等様々な汚れがあります。クリーニング法によって、落とせる汚れの種類は異なります。ですから、クリーニング法の種類や汚れの種類を知って、それに合ったクリーニングをすることが大切です。専門店で行っている洗濯方法は大別して4つです。ドライクリーニング、ウェットクリーニング、ランドリー、特殊クリーニングです。

一般家庭にある洗濯機は水を使って洗浄します。それに対して専門店ではドライクリーニングを行っています。ドライクリーニングは、石油系溶剤やパークロロエチレンなどの有機溶剤を使って、衣類の汚れを落としていきます。このクリーニング法は、油脂系の汚れを落とすことができるのが特徴です。ウールや絹などのデリケートな素材の衣類も型くずれや縮めることなく仕上げることができます。ただ、水溶性の汚れを落とすのは難しいので注意が必要です。水を使って洗浄する方法をウェットクリーニングと言います。ウェットクリーニングは、水溶性の汚れを落とすことができます。クリーニング法の中で、最も洗浄力が強いのがランドリーです。ランドリーは、石鹸、洗剤、アルカリ剤などを使ってお湯で洗う方法です。水に耐久性が高い衣類を洗うことができます。特殊品クリーニングでは、毛布、革製品、カーペットなどの特殊な製品を綺麗にするクリーニングです。