cleaning housekeeping

お店によって違う

名古屋にはクリーニング店がありますが、実はお店によってクリーニングの技術力は異なるのです。ですから、名古屋のクリーニング店を利用する場合は、技術力を見極めて利用することが大切です。クリーニング店は、クリーニング業法にもとづいて、お店に1人は資格を持つクリーニング師が必要です。クリーニング師試験は、洗濯物や衛生に関する知識や技能を確かめる試験です。その試験に合格して、資格を取得しているということは、クリーニングに関する知識や技術を持っていることになります。

クリーニングを出した場合、満足した仕上がりになると良いのですが、思った通りにいかなかった場合はトラブルの原因となります。トラブルを起こさないためにも、お店を選ぶ時には価格だけではなく、技術力や知識を持っているかどうか確認することが大切です。その技術力を確かめる1つの方法が、LDマークやSマークです。LDマークとは、47都道府県k類ーニング生活衛生同業組合に加盟しているクリーニング店に表示されるマークのことです。このマークがあることは、技術力や知識がある証明になります。Sマークは、47都道府県の生活衛生営業指導センターに登録して、営業しているクリーニング店のことでうs。